セレン式TOEICメソッドで獲得できるTOEIC800点以上のレベルの目安は?

セレン式TOEICメソッドで獲得できるTOEIC800点以上のレベルの目安は?

セレン式TOEICメソッドでは最短最速でTOEIC800点を獲得できますが、800点と聞いてピンと来ない人もいるかもしれません。

そこでTOEICスコアの目安について説明していきたいと思います。

セレン式TOEICメゾッド公式HP

TOEICのスコア別レベル

それでは10~990点のスコアがどれぐらいのレベルなのか目安をみていきましょう。

TOEICスコア10~395点

この点数はまだ基本的なことができていない状態であると言えます。

自分から話しかける際にも、単語を並べる程度のため、日常会話においてもビジネスにおいても実質的には意思疎通が難しいレベルと考えれます。

TOEICスコア400~495点

ようやく基本的なことが少しずつでき始めた段階と言えるでしょうか。

会話のやりとりにおいては、文法や構成、語彙力に欠ける部分がまだまだ多い状態です。

ただ、会話する相手がゆっくりと話してくれたり、繰り返してくれたりする場合には、最低限のコミュニケーションをとることが可能です。

TOEICスコア500~595点

このあたりで基礎力がつき、出来ることが増え始めた段階です。

短く簡単な文章でのやりとりであれば相手と意思疎通が可能なレベルですが、長く複雑な文章の場合はついていけなくなってしまいます。

TOEICスコア600~695点

まだおぼつかない部分があるが、ある程度英語ができるようになってきた状態です。

相手にゆっくりと話してもらうことで目的地までの道のりを理解することや、買い物、食べ物のオーダーもできるレベルだと言えます。

TOEICスコア700~795点

この辺りである程度英語ができるようになったと言えるレベルです。

会議の案内や通達、社内文書などを読んで理解することや、自身の仕事に関わる日常業務のやり方の説明を理解することができるようになります。

TOEICスコア800~895点

ここが目安の点数となっていますが、ここまでくると英語を活かして仕事ができるレベルと言えると思います。

800点以上であれば、履歴書に書いてあると大きな強みにもなります。

日常会話は完全に理解でき、応答が早くスムーズにやりとりを続けることができます。

ビジネスにおいても本格的に英語を活用することが可能となってきます。

TOEICスコア900~990点

ここまでくると業務上で英語に困ることはないレベルと言えます。

もうネイティブスピーカーに近いレベルと言えるんじゃないでしょうか。

文法や構成、語彙を正確に把握しており、日常会話からビジネスまで、ネイティブとのやりとりを流暢にこなすことができます。

セレン式TOEICメゾッド公式HP
TOPページを見る