英語が苦手になってしまう人の特徴とは?

英語が苦手になってしまう人の特徴とは?

皆さんの中に「英語ができるようになりたいけど、英語が苦手」という人がいるかもしれません。

そこでそういった人たちの特徴についてまとめてみました。

セレン式TOEICメゾッド公式HP

英語が苦手になってしまう人の特徴

それでは英語が苦手になってしまう人の特徴をみていきましょう。

苦手意識がある

英語を普段あまり使わないから、「得体の知れないモノ」として想像以上に難しく感じている人はいないでしょうか。

もちろん英語ができるようになるためには色々なことをやらなければいけません。

例えば日本語を普段使っている人でも、漢検1級を取るとか国語の先生になろうなんて考えれば「日本語難しい!」と思う気持ちも分かります。

でも、普段日常的に使う言葉としては日本語を使いこなせている人が大半なはずです。

英語ができるということは、漢検1級を取るようなことイコールではないので、身構え過ぎないことも大事だと思います。

失敗したくない完璧主義者

日本人はシャイな人が多いため、スピーキングが苦手な人が多いと言われています。

たしかに言い間違いをすることは恥ずかしいと思うかもしれません。

でも、普段日本語で生活をしていても日本語を間違えることもありますし、英語で間違えても周りの人は恥ずかしいなんて思わない人が大半です。

極端な話、言いたい事を上手く言葉にできなくても、伝えようとする姿勢があれば問題ありません。

なので失敗することが前提という気持ちで英語と接していけば、苦手意識も無くなっていくのではないでしょうか。

コミュニケーションが苦手

人と話すのが苦手な人は、そもそも言語に限らずコミュニケーションに対して嫌悪感を抱いている可能性があります。

コミュニケーションが苦手であればその根幹たる言葉に対して苦手意識があっても不思議ではありません。

ただ不思議なことに、日本語で話す時はシャイな人が、英語で外国人に話す時ははっきり話すという人もいます。

コミュニケーションが苦手という人でも、英語がそれを克服してくれる可能性もあるかもしれません。

英語は日本語と同じ「言語」

普段日本語を話している人が日本語が苦手と感じることはないですよね。

日常的に話す言語に得意とか苦手って本当は無いんじゃないかと僕は思っています。

いきなり上手く話す必要もありませんし、難しい言い回しをわざわざする必要もありません。

日本語で話す時と同じように、自分と相手とのコミュニケーションだと考えれば、苦手ということも無くなるんじゃないかと思います。

セレン式TOEICメゾッド公式HP
TOPページを見る